建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    

     神戸市中央区元町通5-4-3


  
Q&A
このエントリーをはてなブックマークに追加

お会いする前について

Q1 家づくりを設計事務所に頼むことは、ハウスメーカーや工務店に頼むのとどう違うのでしょうか。

A  設計事務所は設計(プランやデザインを考え、図面をつくる・申請をする等)と監理(第3者の目で現場をチエックし、お客様に代わって施工者に注意・アドバイスを与える)の仕事をします。対してハウスメーカーや設計も出来るゼネコン(工務店)は設計から施工まで一貫して行なうので、ある意味でお客様には楽な面があります。しかし一社で丸ごと受ける為、そのコストの適正さや施工上の問題点等は浮び上りにくい面があります。またハウスメーカーの場合はお客様からのニーズを聞いてゼロベースからプランを作るのではなく、既に用意されている(金と時間をかけて開発した既製品)モデルの中から敷地に入るものを薦めます。従って大量生産し易いある程度画一化されたプランしか出て来ません。それがプレファブリケーションの原理だからです。あまり手間ひまかけず、通り一遍のプランでも、とにかく素敵なマイホームであればよいというお客様には楽な道と言えるでしょう。

Q2 設計事務所に頼めば希望通りのプランが出来るのですか。

A  御希望のプランが出来るよう全力を尽くします。ただ何でも出来ると言うわけではもちろんありません。敷地や法律、また予算にも限界がある訳ですから。お客様のニーズを徹底的にお聞きし優先順位をつけ出来るものは盛り込みます。但し時としてニーズ同士が矛盾する場合があり、それを解釈、整理してニーズを再構成することも設計者の役目と心得ます。ハウスメーカーに頼んでみたが何となくしっくり来なかった。あるいは土地や敷地の特性をあまり活かしていないようで納得出来ずに設計事務所の門をたたかれるお客様が多いのです。

Q3 設計事務所に頼むと客の要望より作品つくりを優先すると聞きますが本当ですか。

A 確かに一部の事務所によってはそういう傾向があるようです。また高名な先生や事務所に対してお客様自身がそれを理解し覚悟して頼まれているのも事実です。当事務所ではトップページに掲げている通り、相互の納得が前提です。ご要望を聞きそれを実現する為、咀嚼した上で提案します。またそれを採用するかどうかはお客様なのです。

Q4 最初の相談はどのようにすればいいでしょう。

A ご都合の良い方法で結構です。不在でも確実に伝わるのはMailかFaxですが、文章にするのが億劫な方はTelの方が手っ取り早いでしょう。不在でも留守電に番号とお名前を入れて下さればこちらから連絡します。

Q5 どんな相談でもよいのですか。また費用はかかりませんか。

A あくまで家づくりを前提としているなら構いません。またヒアリングシートを送りますのでそれに記入しながら、イメージや疑問点をより具体化して下さい。トップページにもありますようにご相談は無料です。

Q6 どのエリアまでなら設計してもらえますか。

A 主に近畿圏で仕事をしたいと考えていますが、当方を信頼して下さり設計を任せたい、また交通費も別途支給するということであれば喜んでお引き受けしたいと思います。

Q7 面談する時に何を用意すればいいのでしょう。

A 当方から送られたヒアリングシートに記入済みのもの。その他としては土地の資料、現況写真、現在お住まいの間取り等、今ある物で結構です。

打合せについて

Q8 主人の都合で平日の昼間は難しいと思われるのですが、土曜日曜または平日の夜でも良いのですか。

A 結構です。事前に連絡を取り合い、予定を決めた上でお会いします。

Q9 自分達のイメージがまとまっていないので途中でプランの変更があるかも知れないし、また設備機器等で迷っている部分もありますが、対応してもらえますか。

A まさしく設計事務所に依頼するメリットはここにあると思います。臨機応変に対応します。

Q10 打合せ場所は必ずそちらの事務所になるのですか。

A 事務所のほうが資料等が揃っているので便利と思いますが、ご希望があればご自宅へ赴く等都合を付けたいと思います。

設計料について

Q11 設計料は料率以外にも物件ごとの種々の事情にもよる、とありますが具体的にはどういうことですか。

A 例えば敷地に大きな高低差があり、擁壁を造ったり地盤そのものに手を加える、つまり開発工事が必要な時は開発の設計及び申請が必要となり別途費用が発生します。このように通常とは違う場合の増加分等を主に指しています。
またオーバーした工事費を予算に合わせる為、設計事務所が時間をかけ相当の努力をします。その結果工事費が下がり、設計料も下げるとなれば、そこに大きな矛盾が生じます。このような時はそれに見合った修正が多少なりとも必要でしょう。どちらにせよ事前に十分説明しお客様の了解を得ることが大切と考えます。

工事監理について

Q12 工務店は知り合いがいるのでそちらに頼みたいのですが、一方で工事費が不安です。

A お知り合いの工務店を使うこと自体はもちろん結構です。その上で適正価格を知りたいということであれば、複数の工務店から相見積もりを取り比較検討して判断することも可能です。

Q13 工事が始まり自分達が直接現場監督に注文をつけるのは難しい気がするのですが、そもそも設計事務所の工事監理とはどのようにするのですか。

A 工事が始まる前にある程度の監理の計画をたて、施工者に伝えます。その上で定期的に現場に行き図面やお客様のご要望との整合性をチエックします。その結果はお客様に随時ご報告しますし、完成すれば検査を行い監理の完了報告をいたします。要するに設計事務所はお客様の代理人なのです。またお客様にも要所要所で同席していただき種々の確認や決定を一緒に行ないます。多分楽しんでいただけると思います。

Q14 出来上がるまでが楽しみなのでもっと頻繁に現場に行きたいのですが、いいのでしょうか。

A 大いに結構です。職人さん達も頑張るでしょう。人はギャラリーが居るほど燃えるのは誰しも同じと思います。ただ軽微だからといって変更や注文をつけるにしても直接現場監督や職人に言うより設計事務所を通してされることを原則とします。それが結局は間違いや混乱を起こさない為の最善の方法だからです。