建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    Mail: tasak-ao@beige.plala.or.jp

     神戸市中央区元町通5-4-3-617


  
チーズ・アイ
このエントリーをはてなブックマークに追加
東灘の狭小・ローコスト住宅        
キーワード     狭小地・狭小住宅/ローコスト/ビルトイン・ガレージ/2階リビング/ワンルーム空間
経緯
当事務所のホームページを見て来られたお客様です。分譲会社の住宅を検討していたが、満足されなかったそうです。他の設計事務所も数社回られたそうですが、当初の直感どおり、当方に依頼されました。

特徴
(1)ワンルーム空間・・・水周り以外に間仕切りが無い
(2)LDKとバルコニーの一体化・・・ 実際以上に空間が広く感じられます
(3)プライバシーの確保・・・バルコニーは手摺ではなく、壁に
(4)ローコスト住宅・・・ 坪単価62万!

設計概要
兵庫県神戸市   木造2階   第1種中高層   敷地面積 72㎡   建築面積 50㎡  延面積 93㎡  建蔽率 69%  容積率78% 
工事費 1800万    施工 三幸建設株式会社
  南外観
2階穴の向こうはバルコニー 道路からは2階のリビングや寝室が見えず、プライバシーが確保されています。

 南西夜景
南西角を入隅にして建物に変化とある種のうるおいを与えています。

 南夜景
窓や穴からこぼれる光がおしゃれな雰囲気を醸し出しています。


アプローチ・ビルトインガレージ 床のブロックはお客様家族の施工です。つまり手造りの家。

 玄関と階段
玄関引き戸も下足箱も全てオリジナルなデザインです。

    1階オープンスペース
奥は勉強コーナー、手前が洗面入口、次がトイレドア

     2階 LDK
外観からは想像出来ないほど、明るいLDKとなっています。超開放的なのに、プライバシーは万全。

   居間吹抜け トップライトと天井扇がアクセントに。

    居間からキッチン
キッチン上部には屋根裏物置が隠されています。

   寝室コーナー
間仕切りではなく、スクリーン。扉も無く、オープンなワンルームになっています。

   バルコニー
近隣からの視線を遮り、居間のプライバシーを守ります。

  居間からバルコニーを見る
夜は特に居間からバルコニーの眺めは幻想的で、単なる住宅を超えた何か別の世界を感じさせてくれるようです。


いきさつ
当事務所のホームページを見て来られたお客様です。始めは分譲住宅を買おうとされたが、納得出来なかったとのこと。それで設計事務所に依頼しようと変更されました。他の事務所も数社候補に上げられていましたが、実際に会って建築家の人となりで判断されました。また自分達の家と共通する狭小住宅「光と風の家」をHPで見て考え方に圧倒され、これが決定打となったとのことでした。こうして新たな狭小住宅への挑戦が始まりました。

土地さがし
土地の無い状態からスタートしました。最初の候補地はいわゆる旗竿敷地でした。ところが進入路はもちろん接道している道事体が狭く、車を一回で入れることが出来ないものでした。おまけに土地代が高く、これだけの悪条件であれば買うべきではないとアドバイスしました。東灘区では出物が少ないので悩まれたのです。長丁場を覚悟しましたが、割と早く次の候補地が現れました。ミニ開発された中の一軒で更地です。南向きの幅広の地形で申し分ありません。面積も程好いものでした。ご本人達も私も気に入りました。

プランの推移
ミニ開発地の真中の敷地なので日当たりは良いのですが、プライバシーに難があります。従って当初から2階リビングのプランとなりました。1階にはビルトイン・ガレージと将来の子供部屋となるワンルーム。2階にはLDKと寝室エリア(これも間仕切無し)。2階に設けたバルコニーの壁がプライバシーを守る装置です。基本構成を変えず、全部で6案つくり、実施設計に至りました。

予算とコスト
当初予算は1500万以下からスタートしました。相当厳しい「ローコスト住宅」です。何回かプランをやり直す内に予算も徐々に増加しました。工務店3社に概算見積りさせ、コスト把握を十分に行い、実施設計に入りました。そして清算見積り。再設定した目標予算より100万ほどアップしましたが、安くて見積り内容がしっかりした工務店に決定しました。

工事の状況
着工前にソーラーパネルの設置が追加工事となりました。ランニングコストとエコロジーの時代を考えると決して贅沢ではないと判断されました。そして工事は12月19日に無事完成しました。

完成して
都市にあってプライバシーを確保することを最優先して設計しました。その効果があり、2階リビングでは入居された今もカーテンを付けずに生活を楽しまれています。実際カーテンの無い空間はスッキリとして、インテリアとしても自然にうなずけるものがあります。