建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    

     神戸市中央区元町通5-4-3


  
犬山城/日本建築の美(51)

犬山城/日本建築の美(51)

このエントリーをはてなブックマークに追加
犬山城全景

東に付け櫓が

 

犬山城近影

四角い突出し窓が印象的

 

2度目の訪問です。前回は多分20年以上前?(独立前)。
当時今ほど古建築に興味が無かったせいか、あるいは前日の研修会後の
宴会で飲み過ぎ、二日酔いのせいだったのか印象が大分違っていました。
と言うか、あまり覚えていない・・・とほほ

歴史的には織田信長の叔父信康が築城。
その後、城主が江戸初期まで目まぐるしく変わる。(戦国時代だから?)
小牧長久手の戦いでは秀吉軍が入城。対して徳川家康軍は小牧山城に。
・・・歴史ファンなら知っている。

江戸になり、成瀬正成が城主に。以後、幕末まで成瀬家が務めている。
明治になり、成瀬氏が個人所有(珍しいケースとしてこれも有名)。
平成16年に財団法人所有となり、現在に至る。
ちなみに現存する天守の中で最古だそうです。

改めて私の今回の印象です。

白と黒の対比、プロポーションが素晴らしい。また野面積みの石垣とも
良く調和しています。
最上層の持出(キャンチレバー)の回廊が全体の姿を引き締めています。
これが キメ ですね。
周囲の敵を見張るという機能だけでなく、美の要素でもある。
また南東に付け櫓があり、左右対称を崩しています。
これが単なる美しさに自由を与えていると私は感じました。

同じような規模の彦根城も美しいのですが、何となく優しく女性的な
印象なのに、こちらはとても男性的と感じました。
横長の四角い突出し窓がシンプルながら結構強い雰囲気をもたらしているからでしょうか。

おまけ
現存する木造の天守、国宝の五城は姫路、松本、彦根、松江そして犬山です。

四周に巡らせた廻り縁

半間の持出式。手摺が低過ぎて思わずへっぴり腰に。怖かったー。この城は大変な崖の上に建っています。

 

構造模型

しっかり造ってあります。これを見ながら、工事したんでしょうか?

クリックお願いします

« »