建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    

     神戸市中央区元町通5-4-3


  
日光東照宮/日本建築の美(48)

日光東照宮/日本建築の美(48)

このエントリーをはてなブックマークに追加
日光東照宮1

表門(おもてもん)
左右に仁王像が安置されている。手前の巨木に圧倒されます。

連休を利用して鬼怒川温泉から日光への旅をしました。
目的の日光東照宮は初めての訪問です。

ところが折角なのに両日とも雨。
写真を撮るには恵まれませんでした。
しかし強く降られたわけではないので、
旅としては好しとしなければならないでしょう。

東照宮は家康公をまつる為の神社で1617年に創建され、
後に三代家光公により1636年に現在の社殿群に造替されたそうです。

建築の前にまず圧倒されるのは境内を囲む杉の巨木群です。
フィトンチッドのせいか、霊域のせいか、落ち着いた雰囲気に
心が和みます。

建築の方は通常の朱や黒に加え、金色が目を惹きます。
勾配のある土地に上手く建築が配され周囲の自然と実によく馴染んでいます。

日光東照宮2

御水舎(おみずや)
どこの神社にもありますが、ここにも金箔が使われています。立派です。

天候以外にもう一つ恵まれなかったのは有名な陽明門が現在修理中だったのです。
これにはがっかりしました。写真が撮れない。
その情報をしっかり把握してなかった私が悪いと言えばそれまでですが。

しかしその他の多くの建築に触れることが出来、満足しました。
歴史的日本建築はどうしてこうも私達の心を掴むのでしようか。

日光東照宮3

御本社(ごほんしゃ)
本殿・石の間・拝殿からなり、東照宮の最も重要な建築。ここも一部修理中でした。

 クリックお願いします

« »