建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    

     神戸市中央区元町通5-4-3


  
新国立と形の意味

新国立と形の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
新国立2案

法隆寺か縄文文化か

形の持つ意味。あるいは形が人間の心理にどのような作用を及ぼすか、普段から興味を持っています。

ところで話題の新国立の2案対決。早速結果発表となりました。

発表時は提案者自身がAは法隆寺、Bは縄文文化と言っていたそうですが、
その後、専門家を含めての鑑賞者は色々と申しています。私もそうですが。

上品なところではAは五重の塔、Bは御柱(諏訪大社)。

大衆的なところではAはハンバーガー、Bは寿司、とか。

どうやら人は自分の関心の範囲内でイメージしているようで・・・。

しかしこのように建築が一般の人々の間で話題にされることは大変良いことだと思います。
日本の建築文化も深まると考えます。

クリックお願いします

« »