建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    Mail: tasak-ao@beige.plala.or.jp

     神戸市中央区元町通5-4-3-617


  
パース・イラスト・スケッチ

パースも負けない

住宅透視図

パースのプロに勝てるとも思わないが、負けたくもない。

前回のエスキース(スケッチ)が自分のデザインの確認の為とするなら、
今回のパース(透視図)はクライアントに出来上がりを想像していただく
為のものです。

従ってスピードより分かり易さ、「らしさ」が求められます。
設計の意図がちゃんと理解していただけるよう、いつも真剣に取り組みます。
でも結局、絵を描くことが好きなんでしょうね。
楽しいです。

クリックお願いします

計画とエスキース

住宅のエスキース

人に見せるより自分の確認のために

計画の途中でエスキース(スケッチ)を描くことは大変重要と考えている。
平面プランに集中していると、3次元空間としての実感から少し離れてしまうことがあるからだ。

特にプロポーションや環境に対するスケール感を把握することが大事と思う。
何度も描き直すこともある。だから仕上がりは粗くて良い。
むしろ早く描けるほど良い。変更や改良案もその方が容易に出来るからだ。
これは住宅に限らず全ての建築に当てはまる。

 クリックお願いします

コートハウスその6

コートハウスの悦び

外部からはうかがい知れない内部の明るさ、楽しさ。

周囲からの視線を気にすることなく、生活を楽しむ。

コートハウスの最大の強みです。

つまり、「外に閉じて、内に開く」

新しい生活の始まりです。

 クリックお願いします

謹賀新年

2017賀状

今年も良い年でありますように

新年明けましておめでとう御座います。

本年もよろしくお願い致します。

 クリックお願いします

コートハウス その5

玄関ポーチ

アプローチから玄関前の第一コートを見たところ

外部について

二つのコートの内、特に前庭はアプローチ空間の楽しさ、面白さを教えてくれます。
またリビングとの一体感は格別で、この住まいの自然への姿勢を示しています。
旗竿敷地であっても光、風、そして視線が庭から庭へと抜けています。

庭と居間の関係

前庭(第一コート)から居間を見る。

クリックお願いします

コートハウス その3

1階洋室

個室から庭を通してリビングと水廻りが見える

個室について

コートハウスでもダブルコート形式のプランの為、リビング等の共用部分以外のプライベート空間からも

庭を望むことが出来ます。

旗竿敷地の為、外部(隣地)には閉ざしていても、内なる外部(自然)と共にある喜びを日々味わうことが可能です。

これこそが都市住宅への解答ではないでしょうか。

2階個室

アプローチの庭とリビング吹抜けに面した個室

 

2階個室2

吹抜けたコートの向こうに別の個室とリビングの上部が見える

クリックお願いします

コートハウスその2

coat-house3

庭の建築化

居間と連続した庭(コート)は外部でもあり、内部のようにも見えます。

特に立体感のある外部空間(自然)なので、心を安らげるだけでなく、

時に高揚感をも誘います。

外部からの視線を気にすることなく、のびやかな日々を送る。

つまり単にデザインにとどまらず、住宅にこそ、戦略は必要と考えます。

coat-house2

コートの分散配置

 クリックお願いします

旗竿敷地こそコートハウス

coat-house2016

周囲からは見えにくく、室内からは庭への開放感一杯。

いわゆる旗竿敷地は接道部以外は全て隣地に囲まれている。
つまりプライバシー確保が難しい。

だからこそコートハウスで対応。
しかもこの場合は中央に1カ所ではなく、2カ所に分散配置。
色々メリットがあります。

 クリックお願いします

都市に住まう/街屋三階建て

街中に住まう

現代街屋三階建て

色々な形の住まいがある。
郊外住宅なら敷地にも多少、余裕があり、左程難しくない。

問題は街中の住宅だろう。
土地代は高く、当然敷地は狭い。
肩を寄せ合う中でいかにお互いが圧迫感を減らし、快適に過ごせるか。
幸い容積率は高く、三階以上が建てられることが多い。
高くすれば床面積が増やせるが、周囲への圧迫感は更に増す。

その葛藤の中であるべき姿を求める。
知恵も要るし工夫も必要となる。
いつものように・・・。

クリックお願いします

商業デザインと住宅設計

女性とサウナ

若い女性に人気の岩塩サウナ

久しぶりにまた店舗のデザインを依頼されました。
普段は好きな住宅を中心に活動しているのですが。
長い設計活動の中で、店舗の実績も結構あります。
作品が雑誌に掲載されたり、賞を頂いたこともあります。

その辺りを何か嗅ぎ分けて問合せされるのでしょうか。
店舗設計は何んと言ってもデザイン力、そして表現力が要求されます。

そこを広い意味で磨いておけば当然、住宅設計にも活きてきます。
有りがたいことです。感謝

 クリックお願いします

2016賀状

re-nenga2016

新しい年から未来へ

明けましておめでとう御座います。本年が皆様にとって良い年でありますように。

そして私も良い年にしたいと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。

クリックお願いします

イメージの確認

イメージの伝達

形、色、質感。伝えたいのは色々。

住宅でも店舗でもイメージを発注者に伝える為に
完成予想図いわゆるパースを描きます。

またこれは相手の為だけでなく、自分自身がアイデアの良し悪しを確認する為にも必要です。
作業は結構大変な面もありますが、本人には楽しい時間でもあります。

果たして上手く伝わってきますか・・・。

クリックお願いします

ファンタジック デザイン

shop-design1

モダンで幻想的

久しぶりに店舗の計画を依頼されました。
ホームページを見て来られました。

先方のご要望は現代的でちょっと幻想的な雰囲気が欲しいと。

するとこんなデザインが出来ました。

先方の反応は大変良く、自分なりにも一応の手ごたえがあります。

それにしてもこの手のイラストは時間がかかりますね。フーツ

クリックお願いします

住まいに求めるもの

スタイリッシュな住宅

機能の絞り込み。これは少し極端かも・・・。

住宅に求める機能は住む人の職業、経済力、性格、趣味等により結構多様です。

しかしそれらを優先順位で絞り込むと、分かり易いライフスタイルが浮かび

上ります。

結果、住まいもスタイリッシュな空間に。

クリックお願いします