建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    Mail: tasak-ao@beige.plala.or.jp

     神戸市中央区元町通5-4-3-617


  
リフォーム・リノベ

リフォームを始める前に

リノベ住宅の夜景

イメージをがらりと変える

最近は新築以上にリフォームが人気のようです。
外観にはあまりこだわらない若い世帯が増えていると新聞にもありました。
また「もったいない」精神に表されるように何もかも新築というのはもう考え
られない時代がやって来たようです。

便利な土地(土地代が高過ぎて新築では予算が合わない)に自分好みの家に住みたい。
等と考えられている方は結構多いのです。そういう意味で
今後ますますリフォームの需要が高まって来るでしょうね。

しかしリフォームをする時は実は新築以上に注意が必要です。
予算の問題、施工業者の問題、技術の問題その他色々です。
また木造住宅とマンションでは注意点も違います。

設計も施工も同じ会社がやる、いわゆるリフォーム業者を全面信頼出来るかという
難しい問題もあります。
やはり施工と切り離して客に寄り添える設計事務所が間に入る方が安心でしょうね。

一方でリフォームとは変身することではないでしょうか。
家族の変化により生活様式が変わるのなら思い切った間取りやデザインの変化は
素敵なことです。生活はその時々で楽しむものですから。

素人のとんでもないアイデアや発想でイメージを変えたいが、自分では具体化出
来ない等と思われている方も多いと思います。
そんな時こそ設計事務所の出番です。。

もっと詳しくお聞きになりたい方は是非ご連絡下さい。

クリックお願いします

戸建て住宅「20年で価値ゼロ」を見直し

before-after-kazuno

上手にやればイメージ一新

国土交通省が発表した。
建物の状態にかかわらず、築20年から25年で建物の評価額がゼロと見なされていた住宅の価値評価を改善するのが目的。適正評価により、中古住宅を売買する個人消費者の不安を取り除き、中古住宅市場の活性化を狙う、と。

指針では、単純に減価方式で評価するのではなく、耐用年数が異なる部位ごとに減価の具合を把握し、住宅全体の価値を総合的に評価する方式を提示した。住宅を構成する部位毎にそれぞれ再調達原価を算出し、部位の特性に応じて減価の具合を考慮するやり方だ。

確かに建築家として経験的にも納得出来る話である。築20年以上の家でも適切なリフォームをすれば、構造的にも使い勝手上も、更にはデザイン的にも新築と何ら変わらないことを私も体感した。

日本もやっと資源やモノを大事にする時代になって行くという事か。成熟した社会としてはいいことでしょうね。

 

クリック有難う御座います