建築家・設計事務所と家創り/兵庫県神戸西宮明石・田崎設計室

完全な自由設計の家を兵庫県から建築家(設計事務所)がお届けします。自分だけの家を建てたい方はお気軽にお問合せ下さい。

TEL.078-361-0127    

     神戸市中央区元町通5-4-3


  
未分類

なぜB5サイズだけ色々あるのか

B5サイズ

何故色々サイズが違うのか

B5サイズについて知っていましたか?
私もつい最近まであまり気にしていなかったけど
ちょっと疑問を持ってしまいました。

紙のサイズは   182×257
ノートのサイズは 179×252です。

更にはセミB5まであるそうです。

製造上の理由のようですが、我々消費者は戸惑いますね。

 クリックお願いします

久しぶりの夏祭

祭の準備

プロも出動!

工事現場ではありません。ここは団地内の公園。年に一度の夏祭の準備中です。
専門の電気屋さんまで出動して本格的です。

いつも仕事で(?)手一杯の私ですが、久しぶりに家人に代わって参加しました。
一応役員の端くれですので・・・。
仰せつかった役目はフランクフルト屋さん。普段あまり料理しない私は気後れしたのですが、
家人に言わせるとタコ焼きやカレー等に比べると簡単と言って私を押し出すのです。

それでも私には朝から夜まで結構大変でした。調理の出来はともかく、あたふたしながらも考えたのです。
日本のコミュニティは大丈夫だ。結構しぶとい(いい意味で)ぞ!と
久しぶりの日本の夏!でした。

夏祭りはやっぱ盆踊り

暗くなって提灯に明かりが。それなりの風情が。

クリックお願いします

住宅の内部空間(神戸)

寝室(ロフト付き)

勾配天井の魅力

もうすぐ着工する神戸の住宅。
飾らない素朴な空間の中に爽快感とやすらぎを求めました。

特に勾配天井は階高は低いのに、せり上がり効果もあり、
高さを感じます。
結構、新鮮ですね。

素朴な居間

飾らないけど素朴な魅力

クリックお願いします

やはりマッサンは旨かった。

個性的な

くせこそ個性。個性こそ最高の価値

このシリーズの中でも一番安い黒ラベル。
しかし旨い!
口に含んだ時に感じる深みと風味。
そして呑み込んだ後に残る何とも言えないかすかな後味。
スモーキーでこおばしい。
専門家じゃないので詳しくは表現出来ませんが・・・。

マッカランの18年やバランタインの17年でも無いこの感覚。
早い話、これはある種の癖ですね。
ものづくりを仕事にしている私にとって癖即ち個性こそが最高の価値観だと思います。

うーん止められない。

クリックお願いします

基準地価

基準地価

予算と価格のミスマッチ

国土交通省は2014年7月1日時点の基準地価を発表した。東京、名古屋、大阪の三大都市圏は住宅地の平均が前年比プラス0・5%で6年ぶりに上昇。兵庫県内は5年連続で下落幅が縮小。大阪圏に含まれる神戸と阪神南地域の商業地は2年連続で上昇するなど、都市部の上昇傾向が鮮明となったそうです。

これがいいことか悪いことかは私にはにわかに判断出来ません。
最近事務所に来られるお客様は土地が無い状態で相談または設計依頼の方が結構多いからです。
そして大抵の場合、予算と土地価格がミスマッチしています。
しかもあくまでも私の感覚ですが、神戸特に東灘区等の人気地域は本当に物件数が少なく、苦労します。

地主さんには良くてもこれから買う人にはますます大変になっていく?…

クリックお願いします

エコキャップ運動

エコキャップ運動

美意識も働く副産物あり。

最近あちこちで見かけるようになりましたね。建築の現場でもたまに見かけます。いいことだし、建設現場の仮囲いがしゃれて見える。綺麗にする意識も働くようですし。

しかし一方で批判的意見もあるようです。

現状では他の輸送物とともに輸送されていて、新たな環境負荷は発生しないが、本格化して専用回収等が実施されると輸送するのに必要なエネルギーが膨大になり、大量のCO2等が排出され、逆に環境に悪影響を与えることになる、というものです。

難しい話ですね。更なる工夫が必要なのか。
この運動に限らず、似たような話はありそうです。
物事は一面だけで見てはならないという事でしょうか。

クリックお願いします

商店街のオヤジギャグ

オヤジギャグのキャッチコピー

思わず笑う

 

我が元町商店街。大河ドラマは良いけれど、かなり苦しい強引ギャグ。

ただこのダジャレ。日本にしか無いらしいですね。外国人は日本独特の文化だと皆感動するとか。本当でしょうか?

本当なら少し恥ずかしい??

 

クリック有難う御座います

丸岡城(福井県)/日本建築の美(26)

週の初めに休暇を取って福井県に行った。
いくつか廻ったが古建築の好きな私としてはこの丸岡城を御紹介します。

柴田勝豊(勝家の甥)が1576年に築城した平山城。1695年からは有馬氏の居城となり、明治に至る。

現在は天守閣の一郭を残すのみだが、その二層三階の天守は、入母屋造りの屋形に回縁勾欄付きの望楼を乗せた初期天守
の形式を伝えており、城郭建築史上の重要な遺構とされているそうです。

こじんまりとした可愛い城ですが、質朴な中にもバランスのいい美しい城だと思いました。石垣の下からまっすぐ延びた
直線階段を登る構成が面白いと感じました。まるでテオティワカンのように。

築城当時は周囲に五画形の堀を備えていたそうです。今は埋め立てられ見る影もありませんが。堀が残っていればもっと
美しい景観だったと思うと少し残念です。

丸岡城

直線階段が特徴です。

 

クリック有難う御座います

おいしい蕎麦を食べるため

今日は午前中雨が降っていた。雨だけでなく、時には雷まで。

そんな中、車で小野町駅(JR加古川線)まで行った。

何故かと言うと、そこに上手い蕎麦屋があると聞いたから。

「ぷらっときすみの」という名の蕎麦屋さん。なんと駅舎の

中にある。ちなみに駅は無人駅。

ざるそば550円と巻き寿司を頼んだ。

うまい!しかもこの値段。街中では絶対無理と思う。

12時過ぎたら店の外にも人が並んでいた。

駅の待合は誰もいなかったのに。

ざるそば

繊細で香りがよく、こしがあります。

 

 

駅舎の中の蕎麦屋さん

改札より店が広い

クリック有難う御座います

精神力とは

 

ストレスについての解説を読んだ。

難しい話は置いといて、要約すると、つまり、メンタルタフネスを強化するのは難しい。「受けるストレスを減らそうとする努力より、受けたストレスをどの発散するかが大事」だとか。

ストレスを感じないようにするのは非現実的。ストレスは受けて当然と考えて、受けたストレスをどう発散していくか。たまったストレスを定期的に発散しきれるよう工夫を重ねることが、メンタルヘルスを向上させる最善策。

では、そのコツとは? とにかく“自分のための時間”を定期的に作り、楽しめることに没頭する時間を作る、つまり“自分のために時間を使えた”という実感が重要。受けたストレスを発散し、溜めないこと。ストレスはどんどん蓄積され、うつへとつながっていくのだという。

私もそれほどストレスに強いほうではないが、気分転換が重要との認識はいつも持っている。
春先は憂うつな気分になったり、落ち込み易い季節。たまったストレスをこまめに発散し、楽しい春を過ごせればいいと思う。

 

 

クリック有難う御座います